法律の使い方

今日、友人からとてもいい知らせを受けました。
なんと、司法試験に2年越しで合格したんです。

ただ、法曹業界も安定というイメージはほど遠くなっている気がするんですけどね。

同じ法学部を出て、彼女は法曹の道を純粋に目指しました。
元々、コツコツやるタイプだったので、きっと毎日が苦ではなかったと思います。

むしろ、受けて発表までの時間が一番ストレスだったと言っていたぐらいですから。
でも、並大抵の勉強量じゃないと思います。
普通の人にはなれない職業ですから。
 
この上ない成功を手にした彼女は、今からが怖いと言いました。
今まで、学べば学ぶほど、将来法律を手に仕事をしなければならないことが怖くなってきていた、と。

使い方一つで、人の人生を最上にも最低にもできる、本当に怖いものだ、と。
まぁ、法治国家である以上、それは無知な人より、手に取るように知っている人の方が得なのはわかります。

それでも、法律を知らなくたって、とても幸せな人生を送った人もいます。
だから私は、彼女にこう言いました。
「法律を必要としている人を全力で助けてあげたらいいんじゃないか。」と。

弁護士報酬は決まってますから、単価の高い仕事でないと食べていけません。
そうなってくると経費ばかりかかって、事業として成り立たなくなるのは本末転倒です。
利益を出してこそ、弱者救済が出来るわけですからね。

ライセンスを武器とした職業もマーケティングが必要です。

夏の海はダイビングも
石垣島でスキューバダイビング
良い環境と良い海と良いコースに良いインストラクター
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»