療法

セルフメディケーションという言葉をご存知でしょうか?

医師不足が叫ばれてから、薬剤師とのコミュニケーションによって、軽症が予想される症状については、薬で回復していきましょうという行動指針です。

薬育とも言われています。

簡単に言えば、自分自身で健康を管理し、自ら疾病を治療することを言うそうですが、今の時代、カゼと思っていたら実はインフルエンザだった、ということもあって、なかなか実行は難しいかもしれませんね。

しかも一般的には、市販薬は医師の処方した薬よりも効果が薄いと思われています。
こうした感情は、いくら正確な情報を流したところで、なかなか受け入れてもらえないのが実情で、セルフメディケーションも長期的な観点での啓蒙と体制が必要でしょう。

セルフメディケーションは、普段、忙しい人には有益なことだと思います。
病院での診察は時間がかかり、業務に支障をきたすことは往々にしてあることです。

逆に、忙しい合間をぬって病院での診察を受ける人もいるでしょうが、基本的には、個人個人のトレードオフがどう作用するかですよね。
ちょっと異変を感じたら、市販薬を服用しながら様子を見て、悪化するようだと病院へ、というように。

セルフメディケーションは、実は、既に実行している人も多いのではないでしょうか。
例えば、薄毛や脱毛症、ED、わきが、多汗症等、通院が恥ずかしいと思ってしまう症状については、自然とセルフメディケーションの行動を取るのが一般的ですよね。

カゼなどの一般的でポピュラーな症状と、これらの症状とでは、また、性質や感情的な面で認識が違いますが、まずは健康管理による自己管理を意識したいところです。

セルフメディケーションにも、デメリットはあります。
それは、市販薬は種類が多く、症状に応じた選択肢がありすぎることです。
CMやクチコミによって、「効く」ということを判断しがちなところですね。

食生活を支える食肉卸業者
外食産業の仕入れを支えつつお客の健康も肉の品質管理でサポートする
meat-kimura.co.jp/

«