続く起業

昨年から、周りのアラサー年代の知り合いが続々と起業をしている。
元々フリーランスで仕事をしていたのが、次々と法人化し始めた。
カメラマンやダイエットのトレーナー、カラーセラピスト、ヨガインストラクターなど様々だが、みんなすごいな〜と思う。

主に、誰かに何かを教える仕事が多いようだが、どこかに属しているときからのお客さんではなくて、フリーランス時代に出会った人などの繋がりを続けてきて、お客さんが増えてきたころに法人化しているようだ。

以前の会社や組織を抜ける際に、色々な確執があった人もいるが、法人化するときに協力してもらうなど、関係が改善しているという。
頑張っている姿を見ると誰でも応援したくなる。

不器用ながらも起業の準備をしていて、その過程をみて何か手助けしたいと言って人が集まってくるそうだ。
人望、人脈、これがどれだけ大事なのかを友人の起業を通じて思い知った。

今年の冬から本格的な就職活動を始める新大学3年生と、もう決まらないと危ない新4年生たちに、大学の間にやっておくべきことは人脈作りだと教えているOBは多いそうだ。
全く無関係の研究や活動を行っている人や組織に対して関心を持つことが、まだ不安定な大学生の人格形成にも大きな役割になるし、就職したあとに小さな人脈から大きな案件が決まることもあるからだ。

とくに営業職に就く予定ならば、外回りで苦しいときに古い友人などが助けてくれる場合がある。
なかなか契約に結びつかないという愚痴を同窓会でしているときに、パンフレットだけでもうちの会社に持ってきてよ、というところから大口の契約に繋がることもあるのだ。

何が役に立つかは分からないが、人脈を持っていることは悪いことでは無いと、起業したばかりの友達を見てそう思う。

«
»