環境と自然

今年は子どもの夏休みの宿題のテーマは「エコ」です。
そこで緑のカーテンをリビングに作り、その成長の様子を観察することにしました。

まず長さ70センチ以上、幅30センチ以上のプランターを準備します。
そこに20センチ位間隔をあけてゴーヤの苗を2本植えます。

土は園芸用の培養土と腐葉土を1:1の割合で混ぜました。
石灰を加えると更にゴーヤ向けの土になるとお婆ちゃんが教えてくれたので、石灰も混ぜて土づくり完了です。
苗を一つ一つ丁寧に植え、水をたっぷりやりました。

苗が小さいうちは根が腐りやすくなるので、水はあまり与えません。
大きな葉ができはじめたら、根をはった証拠ですので、たっぷりと水を与えます。

水はプランターの下から流れ出るまで与えます。
こうすることで土にも空気が入り、ゴーヤのために良いのです。
軒下からプランターまで、長い支柱をたててネットを張りました。

これにうまくゴーヤのツタが絡まれば、緑のカーテンの完成です。
息子は毎日その成長を絵日記にし、プランターのそばの気温を計っては天気一緒に書きとめています。
緑のカーテンにどのくらいの効果があるのか、実験結果に乞うご期待といったところでしょうか。

それにしても普段はスルーしてしまいそうな自然と環境問題に、これほど敏感な年はありませんでしたね。
健康と同様で、失ってわかる大切さということなのでしょうか。

善い行いは幸運を引き寄せますかね。

ダイビング環境が最高
ダイビング環境が最高の石垣島
マンタ出現率の高い時間帯を狙いますので遭遇率はかなりの高確率
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

»