恋人との旅行

どこかに行きたい。
そう言い出したのは私でした。

早速、旅行代理店に突撃ですが、まあ目移りのすることすること。

彼とは、意見や趣味がとても合うので、近場でのんびりちょっと贅沢な旅がしたいと言った私の意見に大賛成でした。
移動時間も楽しいという人もいますが、それは言い訳。

絶対、目的地で思う存分楽しめた方が倍楽しいと私は思います。
だから、日常とは少し離れるけど、近場で、隠れ家的なロケーションばっちりの旅館を予約しました。
 
出発当日前夜から、彼はうちに泊まり、一緒のバックに荷物を詰めて、就寝。
翌日の朝は軽いご飯を食べ、彼が荷物を持ってくれて出発。
ここは敢えて電車の旅に。

近いけど知らない街に降り立ち、誰も私たちのことを知らないという事実に新鮮さを感じながら、まずは旅館へ。
おススメスポットを聞いて、タクシーで周り、夜は旅館で楽しくまったりとした食事。

本当に贅沢な休日でした。
こういう休みの過ごし方ができるのも、大人になった証で、彼との相性のいい証かな、と思ったりします。
雰囲気がそうさせるのかもしれませんけどね。

この雰囲気に飲まれるのがやっかいです。
人を見るには、やはり冷静な状態でないと、妥協が生れてしまいます。
また、都合の良い解釈をしてしまって、自分が苦しむことになるのです。

嫌なところは嫌と言わなければ、全て自分が吸収しなければならないなど、本当にツライものですよ。
相手に対する感情って、時と共に変わるんですからね。

»