投稿

それは、黒い地色の上に赤と青の水平な線でコード化したシンボルを描き、それに白色光を照射するというスキャンニングシステムであった。
そんな書き出しのケータイ小説もあったが、すっかり電子書籍に鞍替えしてしまった。

そして、このスキャニングでは、走っている貨車に対して適切な角度で光ビームをスキャンさせるという画期的なアイデアが盛り込まれていた。

そして、1967年、シルバニア社のカラーバーコードシステムは、米国の貨車輸送制御システムに全面採用されることとなったが、このシステム導入には、大きな議論があった。

具体的な描写というか、ノンフィクションなのかもわからなかったが、ケータイ小説はもはやタブレット型端末の登場で、一気に求心力を低下させてしまっている。
ケータイで文字をたくさん読むのは、正直、疲れるのである。

女性に人気のケータイ小説だったが、あっという間にブームは過ぎ去ろうとしている。

購読者も中高生が主な層になると、ビジネスとしては成り立ちにくい。
つまり購買力の無いターゲットユーザーに支持されても、ビジネスとして成り立たなければ、ケータイ小説家も仕事にならない。
やはり電子書籍を視野に入れるべきであろう。

同じ電子化の波がタバコにも近付いていることも、お忘れなく。
(オシャレに禁煙なら通販で電子タバコ)

同じく電子化というよりもネットとの融合が家電にも。
パソコンと地デジ対応テレビをリンクさせることで、外出先からモバイルを通じてPCを経由して、テレビ番組予約などが可能なのだそうだ。

便利な世の中ではあるが、使いこなせる能力が消費者に迫られるが、これは果たしてユーザーにとっては良い事なのだろうか。

«
»