コミュニティ

放射能が大量に放出され、大気と海を瞬く間に汚染。
風速七メートルの風に乗った放射能は、七時間後には風下の首都圏も汚染、バタバタと人々が倒れた。

急性死六十万、死者総数七百万を超えても、放射能汚染の拡大は続いた。
東は宮城、西は岡山あたりまで日本の国土の七十五%が汚染され、被災した人々の救助活動も一切できない状況である。

セシューム一三七に汚染された二県分に相当する風下地域は、数十年単位で人が立ち入ることさえできない。
その後、放射能被害は世界に広がった。

そんな書き出しで小説を綴っていたのですが、似たような出来事を目の当たりにして、怖くなって止めました。
小説の内容が現実化するわけではないけれども、何となく申し訳ない気分になってしまったのは事実であります。
次のネタは、復興をキーワードにすることになるでしょう。

さて、そうしたマイナー小説家のコミュニティがもっと増えると良いのですが、マイナーらしく非常に小さな範囲でまとまってしまっています。
プロを目指しているわけですが、こうしたネット上での活動が、どこかの編集者の目の留まることを期待しているのです。

実際は、ドロ臭く営業(持ち込み)していたり、個人サイトで販売していたりするわけですが、創作活動は想像以上に疲れますね。
感度が高まると執筆がどんどん進みますが、反動が激しいのです。

そんな時は、リラックスするためにオンラインカジノやオンラインゲームで気分転換します。

«
»