チャット

通信回線の増強で、チャットがパソコンや携帯電話の中でも大人気です。
自分のアバター(自分そっくりなキャラクター)を作り出し、バーチャルの世界でコミュニケーションを取ったりゲームをしたりすることで、直接コミュニケーションを取れない人や、本当の自分を出せずに悩んでいる人などが重宝するようです。

実際にできない事を、アバターを操って成し遂げるところを見て満足できるのでしょう。
相手もアバターですが、本当の顔や人柄は分からない為、そこに安心感を覚えるそうです。

しかし、その反面、バーチャルの世界での付き合いのため、嫌になったらすぐに断ち切ることができる関係でもあります。
パソコンの文字でしかコミュケーションを取っていないため、伝えたいことがうまく伝わらずにケンカとなり、直接ケンカするときよりもかなり激しい罵声が飛び交うこともあります。

しかし、実際の世界ではそういうわけにはいきません。
罵声を浴びせた人たちはきっと、現実ではそういった事が言えないのでしょう。

実際に操っているアバターは、もしかしたら「理想像」なのかもしれません。
「こんな風に話しかけれたら…」「こんな風にケンカができたら…」って思う人だっているでしょう。

バーチャルゲームをアバター同士で戦った時に、バーチャルな仲間ができます。
その時の喜びは、現実で友達ができるときの喜びと一緒の感覚です。

なのに、相手の顔が分からないからと言って、すぐに関係を断ち切ったりヒドイ事を言ったりしては、せっかくの仲間が台無しです。
現実の世界も、バーチャルの世界も、コミュニケーションの取り方は一緒です。

«
»